苦手意識

普段私は販売員をしているのですが、同僚の話を聞いていると販売員によって同じ商品でも売るのが得意、不得意がある事が判明しました。

その理由を探って行くと販売員によってはその商品に対して興味がなかったりだとか、知識がなかったりとか、高額だからとか様々な理由があったのですが、

実は情動記憶から作られたハビット、アティテュードにも関係がある事に気付きました。

ハビットとは簡単に言うと「いつもの習慣」の事ですが、ここではついついしてしまう癖のような無意識レベルの事全てを含みます。

アティテュードとは簡単に言うと「選ぶ行為」ですが、無意識レベルで選択している事です。

ハビット、アティテュードは過去の情動記憶により作られているのですが、同僚の話を聞いて過去を遡ると苦手な商品に関してはお客様から大クレームを受けてしまいそれが苦手意識となりその商品だけ売るのが不得意となってしまったようなのです。

トラウマまでとはいかないでしょうが、無意識が「この商品を売るのは危険だ」とその人に言っているのでしょう。

そうなるとクリエイティブ・アボイダンスも働きクリエイティブに売れない理由がぽんぽんと出てくるのです。

実はその商品に興味が無い理由もそこにあったりするのです。

それは、興味が無い理由は「恐れ」からきているのです。

その「恐れ」を取り除かない限り、いくら売れ売れと言ってもその商品を売ろうとしないし、商品に興味すら持てないでしょう。

しかし、「恐れ」を克服することは簡単です。

どこかの自己啓発本では「今の恐れを克服するにはもっと強い恐れをイメージして克服する」というようなやり方が書いてあったりしますがそれはナンセンスなやり方です。

そんなやり方だと逆に恐れが増幅しトラウマになり兼ねないでしょう。

「恐れ」を克服する方法の一つは「ポジティブな感情に書き換えてあげる事」

「恐れ」は実は大した事なかったという感情や、

その商品を売って感謝されるような経験を持って来るといいでしょう。

特にアファメーションは効果的です。

因みに苫米地博士は「アファメーションは実際体験した以上の効果がある」とおっしゃっていました。

あなたの苦手意識も実は「恐れ」からきているのかもしれませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中