カマキリ

朝家を出るときに道端で突然カマキリを発見しました。

危うく踏み潰してしまうところでしたが、カマキリが危険を察知したのか、体を仰け反らせ回避してくれました。
ギリギリセーフです。
カマキリの視点から観ると突然私の足が現れたのだからビックリした事でしょう(カマキリは”人間の足”事態認識していないと思いますが)
しかし、私達から見えるカマキリは、カマキリの存在、行動、今何が起きているのか全て把握できるのです。
それはカマキリと私達の抽象度がまったく違うから観ている情報が異なるのです。
もちろん人間だから認識できる理由もあるのでしょうが、
鳥の視点から見てもカマキリの存在は立体的に認識できるのです。
要するに、何か物事を考えたり、観たりするときは俯瞰して観ると見えないものが見えてきたりします。
例えばサッカー中継などが良い例です。

サッカー選手と観客は視点が違います。観客の視点からみるとどこにどの選手がいるか把握できるのでどの選手にパスを出したら良いのか判断しやすいです。

その他にも、上司が叱る理由は実は部下の成長を望んでいるのだという上司の意図が見えたりと、普段の考え方に応用が出来るようになります。

そして情報空間も俯瞰して観れるようになると、相手の現在だけではなく過去や未来の事も考えてあげられる事が可能になるのです。

まさに俯瞰して物事を判断する能力はコーチには必需品となります。

コーチはあなたの過去、現在、未来全てに興味があるのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中