ネガティヴセルフトークに対して

私の職場では良くネガティヴなセルフトークを耳にします。

自分の事ではないのだけど他人の悪口を聞くだけでも嫌な感情にさせられてしまいます。

そういう人とはなるべく関わらないほうが賢明です。

聞き流すか、相手はこういう人なんだと自分で納得するか、悪口に対して同調しないように気をつけて下さい。

そもそも悪口を言う人というのは簡単に言うとエフィカシーが低い状態です。

エフィカシーが低い人は相手のエフィカシーを自分のエフィカシーまで引きずり降ろそうとします。

それは、自分の立場を相手よりも優位にさせたいのです。

そして悪口を言う事が相手にとってコンフォートゾーンになっています。

そんな相手にエフィカシーを下げられない対処方法があります。

それは、そもそもエフィカシーの定義に自分のエフィカシーを他人が下げさせるという概念はないです。

エフィカシーが下がるのは自分が下げること以外ありえない。

エフィカシーが下がった気になったのは他人に悪口を言われた事がトリガーとなって自分のエフィカシーを下げる選択をしてしまったのです。

要するに自分のエフィカシーを下げたくないのなら相手の言葉を聞き流せばいいのです。

相手の言葉を間に受けるからエフィカシーを下げる選択をしてしまうのであれば間に受けなければ良い。

そして、抽象度を上げる事をお勧めします。

そもそも相手から嫌な気持ちにさせられるのは同じ目線でたっているからです。

抽象度が高ければ相手の言葉は自分に届かないでしょう。

ネガティヴな感情になっているあなたは抽象度が低い状態なのでゴールをしっかりと意識して抽象度を高めましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中